「ほっ」と。キャンペーン

満喫!台湾旅行 ~足つぼマッサージ編~

許先生の息子さんに案内してもらって私達は『豪門世家理容名店』というマッサージ店に行きました。道中気を使っていろいろお話をしてくれたのですが、私達が鼎泰豊の小籠包を食べようかどうか迷っていると言いました。噂ではやっぱり美味しいと聞くけど、高い値段出して並んで食べる程ではないと言っている人もいるのです。でも本当に美味しかったかどうかは食べてからじゃないと批判できないなと思っていました。いろいろ食べ比べたいけどふたりじゃ消化するにも限度がある~と困ってもいたんです。そうしたらアドバイスをもらえました。”鼎泰豊に行ったら小籠包を1セイロ頼んで、あとはエビ小籠包と蟹ミソ小籠包を1個づつ頼めばいいよ”えぇ~~~、そんな頼み方アアリですかぁ!?って尋ねたんだけど大丈夫だって。でもそれならふたりでも余裕で食べられそうと勇気をもらいました。

話しが逸れましたが・・・・・タクシーで『豪門世家理容名店』まで運んでもらうと、
そこは金ピカ豪華な入り口が私達を迎えてくれました。なんとも ゴージャス!
a0014651_1753656.jpgまるで新宿・歌舞伎町にある超有名ホストクラブに降り立ってしまったかのような(TVで見た限りの話しございます)そんな錯覚が。そんな豪華な階段を下りると志村けんさんの写真が貼ってありました。そう言えばタクシーの中で許先生の息子さんがこう言ってました。今夜の便で志村けんさんが台湾に来るんだよ~って。台湾では志村けんさんは国民的人気らしいのです。だからこちら(台湾)に来る時はニュースとして扱われるんですよ。きっと今夜のNHKで流れると思いますよって。オドロキ~\(◎o◎)/


えっと、また話しが逸れてしまいましたが・・・・・そんな豪華な階段を降りるとフロアにはたくさんの人が順番を待っていてすごい混みようだったのです。
ほとんど日本人らしい感じでした。
そんな中私達はすぐに「こちらへ」とマッサージ椅子のある部屋に案内されました。
うーん、スゴイ!許先生のお陰で顔パスしてしまった・・・(^^ゞ

革張りのゆったりとした椅子に座り、ズボンの裾を膝までまくり上げ、オットマンに足を投げ出します。その足先に担当の恰幅のよい女性がひざまずき施術開始です。
暖かな湯(漢方湯?)に足をしばらく浸けた後水気をふき取って、滑りを良くするためにクリームをのばしてマッサージし始めました。最初から痛くて悶絶しながらやるのかなって想像していたのですが、予想外に結構気持ち良くて。今日は初日でそれほど疲れも溜まってなかったのがちょっと悔やまれました。
a0014651_17155559.jpg

隣りのABちゃんが「いたたたたぁ~~~!」 と悲鳴を上げていたのですが、その指の箇所は私は全然痛くなかったよ~なんて余裕で威張ってしまいました。そしたらABちゃん担当の男性が同じ箇所をコリコリし始めたんですが、ぜ~~っんぜん余裕なんですぅ♪うふ
そしたらそんな様子を見て、なんとつねる様に思い切り揉みやがった!!
「痛ったったったぁ~~~!」 もう飛び上がりましたよ(泣)


アンター、そこまでやったら誰だって
痛いっつーのーーーーー!!!(# ゚Д゚) ムカー



私の悪い箇所は心臓と卵巣の部分だって。あらら
痛がっていたら隣りでマッサージを受けていたオジサマ達に

「いやいや、だめだよぉ~。これしきの事くらいで悲鳴上げてちゃ(笑)」
「どこから来たの?ほぉ、東京~。うちらは愛知よ。愛知万博知ってる?今度やるでしょ♪」

いやいや~旅は道連れ、こんなオジサマとの会話も異国の地で交わされると思うと口も軽くなり、持ち前の営業トークを発揮してしまいますわ。オホホ
何度もABちゃん担当の男性にツボを攻められ(なんでじゃ~(;_;))30分ほどの施術も終了。仕上げにホットタオルで拭き上げてくれました。

フロアに出ると許先生の息子さんが終わるまで待っていてくれたのでかなり恐縮してしまいました。ちょっと興奮気味に「さっきまでね、志村けんがここにいたんだよ!」と教えてくれたんです。

「えええぇ~~~!どっどこ行ったんですかっ!!キョロキョロ」
どうもすごい混みようだったのでマッサージを受けずにこちらの店長とご飯を食べに行っちゃったらしいです。
ここの女店長とは仲が良く、台湾に来ると必ずこちらに寄って接待を受けているそうな。
どうりで志村けんさんやバカ殿様のパネルなんかがあちこちに(笑)
そして許先生のお口ききで割引して頂きました。ありがたや~。
[PR]

by kana-wan | 2005-02-21 23:33 | *台湾 2005・春  

<< 満喫!台湾旅行 ~空腹編~ 満喫!台湾旅行 ~紫微斗数占い編~ >>