「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:*マカオ 2006・秋( 29 )

 

Deep in マカオ・街歩きの旅 

10月20日(木)

街で見掛けたタクシーですが、漢字では「的士」と書くんですね。
「的士」「てきし」「テキシー」「タクシー」 ってことですか?(笑)
しかし実は、のん気にタクシーの写真なんか撮っている場合ではなかったんです・・・。

a0014651_14195626.jpga0014651_14201422.jpg


さて、そろそろホテルに戻らなくては。
添乗員さんが迎えに来てくれるのでホテルのロビーで待ち合わせしているのです。

しかーし、人がいない街にタクシーなんか通らないっつーの。
あっさっきのタクシー・・・・・もう居ないし。^^;
じゃバスは?
うーん、これはと思うバスはなさそうで、しかも時間も確実じゃないでしょう。
どんどん不安が募ってきました。
ヤバイ、まじでヤバイ、甘く見ていたヨ。

どんどん暑くなってくるしタクシーはまったく来ないし。

もう時間的に本当にヤバイって時に通りかかった タクシー発見!!
良かったー♪♪♪ヽ(^o^)丿

a0014651_14382934.jpgなんとか無事に間に合って、香港行きのフェリー乗り場に着きました。
乗船時間までエッグタルトを買ったベーカリーのクロワッサンで腹ごしらえ。
大きくてもっちりとしてて美味しかった~、ちょうどお昼頃で小腹が空いていたので買っておいて正解でした。

a0014651_14404753.jpgあーマカオよ、さらばじゃ!
かなり充実した旅でした。
香港旅行のオプショナルで日帰りマカオもいいけど、マカオメインで訪れるのも悪くないですよ~。ブランドやお買い物は望めませんがいろんな意味で今注目のマカオですから♪


a0014651_1440573.jpg

[PR]

by kana-wan | 2007-06-14 14:47 | *マカオ 2006・秋  

Deep in マカオ・街歩きの旅 

10月20日(木)   

小さな街なのでお散歩がてら散策しました。
でも朝早すぎてお店なんてどこも開いてないし人もほとんど見かけませんでした。
日本とは全く違う街並みが新鮮でいっぱい撮っちゃった。

a0014651_1350217.jpga0014651_1350119.jpg


エキサイト不調のため、残りはコチラから
[PR]

by kana-wan | 2007-06-14 14:03 | *マカオ 2006・秋  

Deep in マカオ・街歩きの旅 

10月20日(木)

この日はマカオの最終日。
最後はコロアン島まで足を伸ばし有名なエッグタルトと街並みを楽しむ目的で行きました。
お昼には迎えが来ちゃうので朝早くタクシーで向かいました。

まずはエッグタルトが美味しいと有名な『安徳魯餅店』ベーカリーなので朝早くから開店していて、エッグタルト以外にもパンが売ってます。
1日何個くらい焼き上げるのでしょうか。

a0014651_1847550.jpga0014651_18524992.jpg


a0014651_18544179.jpg
じゃじゃーん♪既に焼きあがったエッグタルトが引き出しに仕舞われてこんなに出てきました~!

美味しそうなエッグタルトを2つとドリンクを買って海辺沿いのベンチに座って朝ごはん代わりに食べました。
焼き立てだから周りのパイ生地がサクっと中のカスタードがしっとり甘く、んん~~~、コレがエッグタルトってやつか!美味いぞーーー!
1個6パタカ(HK$)=90円くらい?安すぎて美味しすぎて涙が出そうです。


ちなみに、すぐそばに『安徳魯餅店 珈琲館』というcafeがあります。
こちらは開店が遅いので寄れませんでした、残念。

a0014651_1914672.jpg



帰り際また訪れて6個買って日本に戻りました。手荷物で大事に大事に(笑)
帰国してからすぐ冷凍保存し、チビチビ楽しみながら食べましたよ~。
そして美味しそうなクロワッサンも帰りの道中に小腹を満たすのに買ったら大正解!
バターたっぷりで外側カリっと中はふんわり、もっちりしてて食べ応えもありでした。
こんなに大きくて7パタカ(HK$)とは・・・・・。(@_@)

a0014651_19114176.jpga0014651_19115326.jpg





「聖フランシスコ・ザビエル教会」
a0014651_19422581.jpga0014651_19424288.jpg
あの有名なフランシスコ・ザビエルを祀るチャペルです。最近までザビエルの右上腕骨と日本人殉教者の遺骨も納められていたそうで、街の小さな教会って感じです。

a0014651_19425646.jpga0014651_19431017.jpg


『譚公廟』は海の神様が祀られていて、美しい屋根が特徴の寺院。
4フィートの鯨の骨で出来た朱塗りのドラゴンボートとオールの彫刻がこの寺院の秘法。
a0014651_2143113.jpg

a0014651_21434426.jpga0014651_2143564.jpg
a0014651_2144263.jpga0014651_21444033.jpg




a0014651_21511168.jpg
小川の流れる小道とガジュマロの並木の間を歩きます。誰とも行き交わず何もない景色に時代が昭和に戻ったような?雰囲気。
細くて急な階段を登ると320年以上の歴史を持つ『天后廟』がお目見えです。でも改装工事中で外だけパシャリ。


[PR]

by kana-wan | 2007-05-25 19:20 | *マカオ 2006・秋  

Deep in マカオ・街歩きの旅 

10月19日(水)

ここは海の守護神「阿媽」を祀るマカオ最古の寺院「媽閣廟」です。
中国語で「マァコウミュウ」と呼ばれていることからマカオの地名発祥になった地と言われてます。
a0014651_13331724.jpg入り口の左右にバーサマが2人座っています。まるで管理人のように。入るのにお金いるのかな?怖い・・・と躊躇しているとABちゃんは『ふんっ!大丈夫だよっ!』と手を伸ばすバーサマを無視してズンズカ入って行ってしまいました。
ひとり取り残された私は5分くらい行くか・・・行くまいか・・・タイミングを計りつつ、エイヤー!と強行突破。
なんだなんのお咎めもないじゃん。

a0014651_13442126.jpga0014651_13495393.jpg

『kana-wanはバカ正直過ぎるんだよ』って、だぁ~ってさぁ~。トホホ。(-_-;)
そうかぁ、聖ミカエル墓地のバーサマも物乞いだったんだ、とちとショック。



市内中心部に戻ります。

a0014651_147345.jpg途中トイレに寄ったグランド・エンペラー・ホテルにて、近衛兵さんと勝手にパシャリ。
彼は絶対笑いません・話しません(っていうか話し掛けられもしません)・崩しません。隣に並ぶとカチャリと銃を下げてくれるのみです。
このホテルは壁から床から天井からどこもかしこも金キラって感じで、エントランス入ってすぐのガラスの床には金塊が埋め込まれてます~☆
きゃ~すごーい!悪趣味~♪
泊まってもないのに文句いうなって話ですね、すんませーん。



老舗リスボア・ホテルのイルミネーションの七変化。
これだもの、街中はギンギラギンに光ってます。
a0014651_1355515.jpga0014651_13551577.jpga0014651_13552949.jpg


ちょっと冷やかしでカジノに潜入してみました。
カジノの老舗であるリスボア、入る前には荷物チェックを受けカメラ撮影は厳禁です。
オーストラリア・ケアンズのカジノ(ソフィテル・リーフ・ホテル)に行った事がありますが、マカオのカジノはなんだか古くて陰な感じで怖かったっす。
頭の黒いオッサン達がウリャーウリャーと貼った貼ったをしているのが、どうもイメージ的にいい印象がない、先入観だけなのかもしれませんけど。
「大小」という中国特有のゲームが人気のようです。
見ているだけではよく分かりませんでしたが、掛ける持ち合わせも無かったので適当に切り上げて出ました。

今マカオの背負って立ってるのはこのカジノだそうで、建設ラッシュ・オープンラッシュで
中国本土からもカジノへの就職に働きに来ているらしいです。
広東語の話せる人が有利なようでその勉強もしていると若者がインタビューで言ってました。
後々北朝鮮の隠し財産や息子のカジノ豪遊でフューチャーされてちょっと食いつきました。w


オープンしたばかりというアメリカ・ラスベガスのWinホテル、ちょうど通りかかった時に噴水ショーがホテル前で繰り広げられました。
さすが☆ラスベガスに行ったらこんなショーがいっぱいやってるんだろうね。

a0014651_14394096.jpg


a0014651_14471368.jpg夕食は目当てのレストランが見つからなかったので適当に入ったタイレストランで。ここの料理が辛いのなんのって、かなり本格派な辛さでヤラレマシタ~。(^^ゞ
ABちゃんは辛いのがそんなに強くないのであまり食べられず、私はABちゃんよりはイケる方なのですがもう口の中がバカになっていたみたいです。
勿体ないからパクチーとシーフードだけは残すまいと頑張って食べました。


a0014651_1452210.jpgそれにしてもですねぇ、注文をする前にお財布の中身を心配してまして。2人の合計でもちょっと微妙だったという。でも最悪な場合カードを使えば大丈夫っしょと思ってました。
でもなんとなく胸騒ぎがしたので「やっぱりちょっと聞いてくる」と店員さんを捕まえてカードが使えるか聞いてみたらキャッシュだけだって~!
慌ててメニューを削って注文をし直すという恥ずかしい思いをしました。(^^ゞ
ヒューあぶない、危うく「体で払います」となるところでしたよ。
もしくは走れメロス状態、ABちゃんを置いていきますので私はお金を工面しに・・・そして置きっぱにして逃げる。(爆)


a0014651_14502115.jpga0014651_14503525.jpg


この日もMAX歩きヘトヘトになってホテルに戻りました。
次の日はもう帰る日です。早いなぁ。
[PR]

by kana-wan | 2007-05-24 13:31 | *マカオ 2006・秋  

Deep in マカオ・街歩きの旅 

10月19日(水)

a0014651_14211419.jpgセナド広場から板樟堂街に入ったところにあります「九如坊」というレストランでかなり遅いランチを頂きました。ポルトガル料理を出してくれるところで有名店のようですが、お昼時は気軽なカフェレストランという感じで前庭もいい感じ。暑くてテラス席で食べる気にはなりませんが。^^;


a0014651_14214169.jpgポルトガル風ベジタブルスープとブラックマッシュルームのスープ、ビーフバーガーサンドを1皿頼みシェアしました。スープにパンが付いてきたのでサンドウィッチは要らなかったかも~。どれも結構なボリュームでお腹いっぱいになってしまいまいました。スープは出汁が効いていてすごく美味しかったなぁ♪
お腹が空いていたこともありお互いのスープをガツガツ回し飲みして(笑) お店の人も明るくて良い人でした。


a0014651_14314138.jpgさてのんびりとはしてはいられません!まだまだスケジュールはこなしてないのですから。

お次はアルメイダ・リベイロ通り沿いにある「質屋博物館」です。
1917年裕福な商人であった高可寧が開いた徳成按とう質屋。従来のままの状態で保存されているそうで、強盗から守るように鉄格子で遮っていたり、お店と倉庫の間には火災の際延焼しないように数十センチの隙間がわざと設けられているようです。
年季の入った道具や家具などはピカピカにツヤが出ており歴史と趣を感じます。


a0014651_14531162.jpg併設されている隣ではちょっとしたお土産やアロマテラピーのグッズやアロマティーの試飲がありました。その2階にはやはりお土産がいっぱいありましたが、中国の置物やアクセサリーなどがいっぱい置いてあって大興奮!!だってマカオってお土産屋さんらしい店がほとんど見当たらなくてお買い物に飢えていたんですもの~♪店内も中国・アジアンチックな雰囲気で下がっている提灯(?)も味があっていいですよね~。
ここで琥珀のブレスレットなどを買ったりして満喫してしまい、まだ行かなくてはならない場所があるのに~と慌てて後にしました。



次は、アジア雑貨でよく見る”鳥かご”が欲しくてそれを求めに行きました。
十月初五という通りを北上しつつ ”その両側の商店には竹製の鳥かごを売る店や伝統工芸の店などマカオならではの店が見られます” ・・・・・と書いてあったのに、それらはドコに?(@_@;)
雑多な通りが続きそれらしき店なんかありはしません。
地図ではお茶の有名店「英記茶荘」なんて書いてあるのでおぉ!と思ったら、すごく地元色の強い、一見さんなんか、ましてや観光客なんか一歩も入れないような雰囲気の店先でした。
埃かぶってそうなキチャナイ感じ・・・・・(-_-;) 
これを見て悟ったね、【ダメだ、もう有り得ない、諦めよう】

そして歩いていると「聖アントニオ教会」に辿りつきました。

a0014651_2357488.jpga0014651_2357282.jpg


折角なので中もちょこっと拝見。写真でも分かるようにもう日が落ちかかってきました。
今日マカオタワーに行かないと日がない!!散々歩き疲れたし時間短縮でタクシーを使って行っちゃおう!となり、夕方のラッシュ時にタクシーを捕まえるのにちょっと苦労したけど
なんとか拾って目的地まで向かいました。

a0014651_0184443.jpg「マカオタワー」は埋立地に建っていて338mの観光タワーです。
2005年にはギネスブック登録のスカイジャンプが加わって話題を呼んでいるそうですね。最近などもテレビで某タレントさんが飛ばされてるのを見ました~。(爆)
展望台(58階)まで70HK$(約1000円ちょい)高速エレベーターで1分です。



どんな感じかと言うとぉ~
[PR]

by kana-wan | 2007-04-28 15:03 | *マカオ 2006・秋  

Deep in マカオ・街歩きの旅 

10月19日(水)

a0014651_2393387.jpg天主堂の東側にある「モンテの砦」の中には「マカオ博物館」があります。
館内では切り絵の展覧会が催されていました。
これがまたザ・芸術って感じで
”人間はどこまで器用なんだ~!!”って
ため息バリの職人技が堪能できました。
a0014651_2394996.jpg
東洋と西洋の出会った街としてマカオの文化が発展してきた文化が展示されてます。
マカオが中国に返還されるのを機にマカオの歴史、伝統、文化を伝える目的で建てられました
とても広い館内で中身も充実したかなり見応えのある博物館です。これで15パタカ
(240円くらい)は安すぎる!!



当時の世界地図、なんとびっくりツチノコのような日本になってます。(笑)
a0014651_23374988.jpga0014651_2344138.jpg


ここは館内ですが当時の趣を催していて雰囲気がある色使いや造りになってます。
ちょっとタグ使いを頑張りました!
チェス(?)の駒が戦国武装した兵士のミニチュアみたいでやけに可愛いです♪
                                ※ちょっとちょっと!クリックしてみて~♪
a0014651_12194594.jpg★クリックすると拡大画像が開くよ。



a0014651_13323165.jpg貝を彫ってキリストの晩餐風景を描いている作品。
昔懐かしレトロなパッケージ。タバコやマッチなどのパッケージだって!
他にも歴史的な物や昔のマカオの生活をビデオに流していたり、見応え十分です。
最後に切り絵の展覧会会場があったのですがここは残念ながら撮影禁止でした。細くて大小さまざまな彫刻刀を駆使して薄くて細い線まで残して絵にします。根気の要る作業ですよ~。小学生の頃から授業にあるよで(もちろん簡単な切り絵ですが)芸術の伝統はこういうところから受け継がれていくんですね~。

a0014651_13324323.jpga0014651_1333011.jpg


a0014651_13463230.jpg
聖ポール天主堂跡と天主教芸術博物館の裏手にある「ナーチャ廟」「旧城壁」 西遊記に登場する神童ナーチャを祀る子どもの寺院。壁は1569年に築かれたもので城壁の中でもっとも最古のもの。
[PR]

by kana-wan | 2007-04-27 00:12 | *マカオ 2006・秋  

Deep in マカオ・街歩きの旅 

10月19日(水) 
a0014651_1303138.jpg


さてさて、マカオの世界遺産を代表する「聖ポール天主堂跡」です。
これを見ずしては帰れません。
教会の正面の壁と階段しかない奇妙といえば奇妙な世界遺産ですが、1602年日本人と中国人によって建てられた教会で、1835年の火災で殆どが焼失し今のような姿になって残っています。
裏から鉄筋で支えていますがそこを登って裏ファザードから城下町(?)を眺めると
ぜぜぜ絶景ですぅ・・・・・!! でも実際は超高いよー、怖いよー、落ちるー!!

a0014651_13537100.jpg


ファザードの上にあるペディメントには聖霊を象徴するブロンズ像の鳩が飾られ、鳩の右に
太陽、左に月、羽の上下には4つの星が見られます。

a0014651_13592381.jpg


a0014651_1465428.jpgファザードは「石の説教」と言われ宗教の教えが目に見える形で要約されて刻まれています。聖母マリアやフランシスコ・ザビエル、下の段はイエズス会の聖人像が置かれています。
初めは薄っぺらい石板だけが建っているだけという滑稽な印象でしたが、貴重な遺産が残ったのだなぁと思い直しました。


そして、天主教芸術博物館・・・
[PR]

by kana-wan | 2007-04-19 14:17 | *マカオ 2006・秋  

Deep in マカオ・街歩きの旅 

10月19日(水)

a0014651_22442847.jpgカフェで朝食を済ませたら次はマカオの世界遺産を代表する「聖ポール天主堂跡」を目指します。
セナド広場を抜けて途中「聖ドミニコ教会」が開いていたので中に中に入ってみました。

1587年に最初の教会が建てられ、その後17世紀に改修されました。エレガントなバロック様式のファザード、クリーム色の石造り、グリーンの扉には漆喰が塗られどれをとっても絵になるなぁと言う感じですね。


a0014651_22395675.jpg
a0014651_2240741.jpg
a0014651_22402476.jpg


天主堂に向かう途中ではアンティークな雑貨や家具を扱う店が多くあります。
ちょっと冷やかしで見に入るには躊躇してしまうような立派なものが置いてあったり。
暑いので足早に去りましたがゆっくりと眺めて通っても良かったかな。

a0014651_22502933.jpga0014651_22505457.jpg
a0014651_22512085.jpga0014651_22513622.jpg
[PR]

by kana-wan | 2007-04-11 22:57 | *マカオ 2006・秋  

Deep in マカオ・街歩きの旅 

10月19日(水)

a0014651_13501381.jpga0014651_13502892.jpg
a0014651_13504181.jpg
「CAFE e NATA」というカフェで朝食を頂きました。
何てことない街中の一角にあるカフェですが有名なエッグタルトが売られているらしいです。でもエッグタルトはコロアン島にあるお店で初めてをを食したかったのでここでは止めておきました。
欧米人率高しで、「あー旅に来てるなぁ」と感じさせてくれる雰囲気で良かったですヨ。
外側パリっと中シットリなフランスパンのサンドウィッチとコーヒーで(^。^)ウマーでした。



セナド広場にある「仁慈堂博物館」を訪れてみました。
1569年創設のアジアで最初の慈善福祉活動の施設で、建物は18世紀後半のものだそうです。2階にある博物館では開設者で日本と中国の初代司教であるドン・ベルキオール・カーネイロの肖像画や頭蓋骨、十字架など宗教芸術品やこの施設に関する古文書が展示してあります。

a0014651_14195264.jpg
a0014651_14201236.jpg
a0014651_14202438.jpg
a0014651_1421580.jpg
a0014651_1421193.jpg
a0014651_14231098.jpg
a0014651_14215178.jpg
a0014651_14244299.jpg
a0014651_14255034.jpg
a0014651_142636.jpg

[PR]

by kana-wan | 2007-04-11 22:28 | *マカオ 2006・秋  

Deep in マカオ・街歩きの旅 

10月19日(水)

タイパ島「官也街」周辺の朝の風景です。
夜は屋台やマカオ・ポルトガルレストランなどで遅くまで賑わっているようですが、朝はのんびりムード、11時半頃にならないとお店が開かないそうです。

夢中で写真を撮っているといつの間にかABちゃんの姿が見えなくなってて
それでも自由にさ迷っていると向こうから飄々と現れたりして。
路地裏を散策していると ”不思議の国のアリス” じゃないけど迷宮に迷い込んだ感じです♪


a0014651_0105488.jpg



a0014651_011731.jpg



a0014651_0113496.jpg



a0014651_0115385.jpg



a0014651_012420.jpg



a0014651_0121652.jpg



官也街周辺を通り抜け施督憲正街をまっすぐ歩くと「天后宮」があります。
あまり歴史うんぬんの分からないのでサクっと見ておしまい。
朝から良く歩きました。
バスに乗ってまたセナド広場へ向かいます。朝ごはんを食べなくちゃ~。(^^ゞ

a0014651_042546.jpg

[PR]

by kana-wan | 2007-03-29 11:16 | *マカオ 2006・秋