カテゴリ:*ベトナム・ハノイ 2004・夏( 18 )

 

☆Vietnam☆~ハノイ・最後の朝(4日目)編~

とうとうベトナム・ハノイ最終日です。
a0014651_22503521.jpg

こんな美味しい朝食も今日が最後と思うと寂しいなぁ(^_^;)
クロワッサンが本当に美味しかったんですよ~。


a0014651_22545182.jpgレストラン内でフォーを作ってくれるコーナーがあった。目の前に具材が広がっていてフォーボーかフォーガーを作ってもらう。無愛想なおばちゃんの作るフォーはスープがしょっぱかったけど、これが最後に食べるベトナムのフォーなんだなと思うと・・・・・。



バタバタと身支度を整え言われていた時間にちょっと遅刻しちゃった(^_^;)
急いでフロントで清算し空港へとピックアップされる。
4日前に通った道を逆に走る、途中に見るハス畑と遊園地にある観覧車、ベットタウンと化し始めている建築中のマンション、ハノイの墓地、これでもかと見かけたバイクに乗るベトナム人。ガイドさんにいろいろ説明を聞きながら車は空港に向かっている。
そうそう、ベトナムでは犬の肉を食べるって聞いたけど本当?って尋ねた。すると道路の脇にあるバラックのような建物を指差しここで食べさせてくれるよと教えてくれた。
なにやら精がつくとかで男の人が食べるらしい。うふ

来る時は期待に胸膨らませながら周りの景色を見ていたけど、今はなんかセンチメンタルな気分。日本に帰るんだという気持ちに切り替えつつの複雑な心境。


ハノイの空港に着くとここでガイドさんとはサヨナラ。トランクを預けるため並んでいる時ガイドさんのスタイルの良さについて聞き出した。中学生の息子を筆頭に3人いると言うけどお尻は垂れずにキュッと上がって形がいいし、胸もある。(ま、そこは3人のお母ちゃんだからね)聞くと毎朝エアロビクスをしているのよ~♪だって。それにベトナム人はアオザイという民族衣装を着るので体型を維持しておかねばならないのだ。ベトナムの人って太ってる人をほとんど見ないもんね~。

a0014651_2363166.jpg9時半前、空港は人がいっぱいいた。
11時過ぎの飛行機に乗るまで免税店などで時間を潰します。
なにより残ったベトナム紙幣を使い切ってしまわねば!
お土産に出来そうな物をみたり、最後はレスポのバックやポーチを買った。
日本で買うより安いし結構30%オフのセールをしているので必ずチェックはするのだ(笑)


座って時間まで待っていた。そろそろ搭乗口に・・・と思っていたらチケットの番号と掲示板に出ている飛行会社が違うことに気付く。げげげっ!!どこよ、どこよと慌てて正しい搭乗口を探した。
まったく勘弁してよぉ~(*_*;


a0014651_23374086.jpg
バスに乗ってキャセイパシフィック機まで運ばれる。走る車内で写真を撮るってブレるし難しい。もういいやって適当にシャッターを切ったら上手く撮れた。そんなもん?ハスの柄が可愛いよねん♪


a0014651_23525099.jpg

乗り継ぎの香港の空港にてグッタリ度を体で表現してみた。のちに現像してよく見ると後ろに座るおばさん(おじさん?)のキャラの方が数段立っている事に気付く。悔しいほどいいキャラだ(≧∇≦)b 実は搭乗口を間違えてしばらくボーっと座って待っていた。ここじゃないよっ!って慌てて探して、もう一階上の出国フロアに行かなきゃいけなかった。
ふぅ~危ない、危ない。ハノイの空港といい、今回の旅行の帰りはスムーズに行かないな(^_^;)


a0014651_18483767.jpg無事キャセイパシフィックCX500便に乗り混み離陸。眼下には香港の街並みと・・・おやっ?あれはもしかして、香港に出来る新しいディズニーランドですか?!
あの真ん中の白い丸いのがスペースマウンテンかな~。中央の空いてるところがシンデレラ城になるのかな~。見えにくいですね・・・・・。


今回で2度目のベトナム。
同じベトナムでもホーチミンとハノイでは全く違った印象だった。買物するならやっぱりホーチミン。味と文化を求めるならハノイかな?もう一度行くならやっぱりホーチミンに一票!
ハノイに行ってから気付いたのですが、実は私はフエに行きたかったんだ・・・と(爆)
フエの王朝の古都に幻想を抱いていたのですが、それがハノイだと思い違いをしていたのです。
赤と金のデコラティブな装飾がすごい綺麗で世界遺産にもなってるんですよ。フエ、行って見たいです。
[PR]

by kana-wan | 2005-02-02 19:17 | *ベトナム・ハノイ 2004・夏  

☆Vietnam☆~ハノイ・最後の夜(3日目)編~

a0014651_21531743.jpg
乗りに乗った買物も暑い最中だと体力を消耗ししてまう・・・ということで、お得意のブレイクタイム。
ホーチミンにもある「ファニー」アイスクリーム専門店だ。シクロやミツバチなど繊細なアイス細工を創作してくれる。
眺めているだけでもウットリ・・・なんて言っていると溶けてしまう(笑)
黄色い店内はおしゃれで素敵なのだけど、働いている女性店員の接客態度の悪い事。
お喋りに夢中で注文の品も雑に置いていくし。
日本のような接客は望んではないケドさ。



a0014651_21593041.jpg

         ↑ホアンキエム湖を走るバイク達↓a0014651_21595364.jpg


a0014651_2281172.jpg
ホアンキエム湖の水辺でギターを奏でるオジサン
a0014651_2284914.jpg

                  ホアンキエム湖にある憩いのカフェ「ハイランド・コーヒー」



ホテルに戻り一息ついたところで、ハノイ最後の夕食はどこにしようか検討。
ホテルからほど近くにある「プレス・クラブ」にした。

a0014651_23262996.jpg食事に行く前にこのホテルでウェルカム・ドリンクを頂けるクーポンがあったので
それを使いに下のBarまで行った。
フロントの向かい奥にある「ル・クラブ・バー」では静かなピアノの生演奏が流れており、
数組のお客さんがゆったりとくつろいでいた。
かっこよくカクテルを・・・


a0014651_23304158.jpg・・・と行きたいところですが、あまりお酒は飲めないし、これから食事に行くし。
そして私は紅茶を頼んだところ、茶葉ではなくティーパックで出てきた。
「ねぇねぇ・・・これで$2だって。そりゃないよね(笑)ま、タダだからいいけど~」
なんて友達に言ったら
「あのさぁ・・・このティーパックってどこかで見た事ない?」
と不安げな表情で尋ねてきた。
はて・・・そう言えばどこかで・・・。

あああっ、これは部屋に置いてあるティーパックじゃん!!

せっかくタダで飲めるのによりによってこんなのって・・・トホホ(;_;)
ちゃんとしたところでこんな手抜きすんなよぉ~。


そして夕食に行き食べ過ぎました。
メニューはアラカルトで頼みすごいボリュームで死ぬかと思うくらい食べました。

a0014651_23412587.jpg前菜 モツァレラと山羊のチーズのホニャララ~(忘れた)
周りのソースは美味でした。また出たなっ、山羊のチーズめ!免疫は出来ているとはいえ、クセが強い~(泣)


a0014651_23415887.jpgスープ アスパラガスとホニャララ鶏のスープ
これはかなり絶品!見た目からは想像できない、鶏の良いだしが出ていてコクがあってかなり美味しかった。


a0014651_23422679.jpgメイン ステーキ
最後に地獄を見た・・・。
すごいボリュームの肉で、美味しかったけど歯ごたえがとてもアリ(笑)
食べても食べても減らないお肉。


そして、明日はとうとう帰国です。
[PR]

by kana-wan | 2005-01-10 23:54 | *ベトナム・ハノイ 2004・夏  

☆Vietnam☆~ハノイ(3日目)編~

大きなタイ湖をサッと見て次はホーチミン廟へ向かった。
まだ午前中なのに太陽はジリジリと暑い。
なるべく日陰を選んで歩いた。
この辺りは非常に交通量が多く官邸などの立派な建物もあるので
道路も整然としていてちょっと違う雰囲気。

そうこうしているうちに芝生の敷かれた広場が目の前に広がる。
ここが建国の父であるホーチミンの遺体が安置されているホーチミン廟。
30m四方の大理石造りの廟で蓮の花を模しているらしい。
工事中で入りはしませんでした(^^ゞ
a0014651_1525557.jpg


そのホーチミン廟を守る衛兵が常駐し、交代する風景にちょうど遭遇した。
a0014651_15255555.jpg

追っかけのように駆け寄りゲキシャ!こんな観光客はだれもいなかった・・・(笑)


そのまま隣の一柱寺へ移行。
a0014651_15272124.jpg

蓮の葉が浮かぶ池の上ににょっきり建つ仏堂、一本の石柱によって支えられている。
悲母観音の夢を見た事で子宝に恵まれたリー・タイ・トン王が感謝を込めて
1049年に建設したそうな。

あまりの暑さに木陰の下に座りひと休みしていると、バイクの客引きがしつこく付きまとう。
払っても払ってもハエのようにうるさいので、早々に立ち上がる。
旧市街まで距離があるので歩きながらタクシーを捜そうとしたけど、
なかなかこれといったまともそうなタクシーが見当たらず、暑い中相当歩いてしまった。

前日に「フック・ロイ」で注文していたハンコを引き取りに行った。
出来栄えは非常に満足!
友達のお土産にお願いしたハンコが予想以上に可愛くて、
自分らも作れば良かったねと残念に思ったほど。

買物をしながら歩き「タマリンド・カフェ」でランチ。
明日はもう帰国なので、今日の内にベトナム貨幣をある程度消化しておかねば。
次から次へと店に入り、コレはと思うものは買っていった。
なにせどれも安いからなかなかお金が減っていかないのだー。

a0014651_15442176.jpg
ハノイ大教会
1887年に建てられたカトリック教会。
ネオゴシック様式の2つの方塔を持つ。
堂内にあるステンドグラスはヨーロッパの
大聖堂にも引けを取らないほど美しいとされ、
拝観できなかったのがちょっと残念。

この当たりの通りは旧市街の店とは雰囲気の違う、あか抜けた店が立ち並ぶ。後半になって私達のエンジンがやっと快調にうなる。「これこれ、こういう感じの店が欲しかったのよ~♪」



友達がトイレを探して入ったカフェがここ「モカ・カフェ」
涼しいカフェの中でしばし休憩。
ここは欧米の旅行者が多いようで、店内を撮るにもこういう方々が一緒に写ると画になりますなぁ~。洒落たカフェのように撮れた、とニンマリ。
a0014651_15545015.jpg


道中、道端でお喋りに花を咲かせるベトナム女性。
あ、ボケちゃったからもう一枚・・・と思いカメラを向けると、ひとりにバレる。
すかさず「○△%■#!!! 1$、1$!」とまくし立ててきた。
ひぇ~商魂たくましい、そう来たかいっ(# ゚Д゚) ムッカー
a0014651_1655657.jpg


ホアンキエム湖そばの大きな交差点に位置するここ。
名前は分からないんだけど、船を意識した建物だそうで中にはカフェが多く入っている模様。
バイクの往来が激しいです。
a0014651_1723119.jpg

これだけバイクの存在が激しいと事故などはどうよ?と思う。
実際はやはり多いらしい。
私達が歩いている目の前でその現場に遭遇した。
バンッ!という音と共にひとりの男性がもの凄い勢いで走って行った。
車とバイクで、接触して車のホイールが無残にも転げ落ちていた。
走り去る(逃げる?)バイクに車の運転手が追いかけて行った、という形。
結局トボトボ帰ってきたんだけど、その間道の真ん中に置き去られた車が更に渋滞を作っていた(^^ゞ いやービビッたよ。


a0014651_1713345.jpg

                  何となく雰囲気のある窓辺
[PR]

by kana-wan | 2004-12-02 17:05 | *ベトナム・ハノイ 2004・夏  

☆Vietnam☆~ハノイ・朝(3日目)編~

8月19日(木)

今朝はホテルで朝食を済ませる事にした。
全朝食付きのツアーなのだけど、せっかく旅行に来ているのにそれではつまらないと言う事でいつも外へ食べに行くようにしていた。
だいたいホテルの朝食バイキングというのは喜ぶほど美味しいとは思えない。
・・・・・がしかし、ここメトロポールホテルは違った!
a0014651_15313396.jpg

      基本的に美味しいパンとコーヒーがあればいい人なの♪


何より嬉しいのがパンとフルーツが美味しいのだ。
これなら全日程ホテルの朝食でも良かったかもと言う感じ。
クロワッサン美味しいよぉ~、マンゴー美味しいよぉ~、デザートも美味しいよぉ~(感涙)
a0014651_15332944.jpg

右上から時計回り:ベトナムプリン(ふるふるで美味!)ロンガン・リュウガン(ライチみたいな味)、スイカ、パイナップル、ブドウ、マンゴー、ドラゴンフルーツ(ベトナム原産のフルーツ、さっぱり味)


南の国に行くと日本では珍しいフルーツやお高いフルーツがキロ単位数百円でゴッソリ買える。フルーツ大好きな私と友達は口や手を渋で汚しながら貪るのでした(笑)

あまりに良い天気だったので中庭に出て記念撮影。
   「☆Vietnam☆~ハノイ・朝(1日目)編~」参照
こんなことしてるの私達だけだったけど、いいの♪
だって日本じゃこの開放感は味わえないんだもん。

今日の予定はハノイ最大の湖西湖から南に下ってお寺や文化財施設を回り、引き続き買物をしようとなった。
タクシーで西湖そばの「鎮武観」という道教寺院に行ってみた。
11世紀の李朝時代に亀と蛇をパワーとするハノイの北の守り神「玄天鎮武」が祀られているという。


a0014651_16201145.jpg


 入り口、もぎりのオバチャンが中にいる


a0014651_1622479.jpg


                   お寺と言えば線香!煙がすごい!
 
 a0014651_16253392.jpg
a0014651_16262062.jpg


祀られた鎮武に触れると御利益があるという・・・
文字には高瀬貝のような光るシェルが埋め込まれている
金と朱色で埋め尽くされると迫力です



a0014651_16273733.jpg


            なぜか外には象の像が(シャレじゃないのよ^^;)
              そしてなぜか拝んじゃったりして(笑)

[PR]

by kana-wan | 2004-10-23 16:47 | *ベトナム・ハノイ 2004・夏  

☆Vietnam☆~ハノイ・(2日目)編~

a0014651_219339.jpg
お腹がすいたねーって事でハノイの名物料理『チャーカーラーヴォン』を食べに行く。100年以上続く老舗の雷魚(チャーカー)の専門店だ。七輪に乗せられた鍋にカレー風味の雷魚とハーブ類ねぎなどを炒める。これを少量ずつ細麺の上に乗せて食べる。白身なのでサッパリとしていて食べやすいけど、ん~まぁ一度食べてみないとねって感じでしょうか(笑)




炒めている時に小さな爆発が私の身に降りかかってきた。「オワッチッチッ!!」とびっくりしたら隣りのテーブルにいた欧米の老夫婦に微笑まれてしまった。そんな小さなコミュニケーションがちょっと嬉しかったりして。
ウフッ(^^)

a0014651_2110510.jpg

シクロのおじさん、私達がキョロキョロしながら歩いていると「乗れ、乗れ」とうるさかった。乗らないよってつれなくしているのに同じ速度で着いてくるのだ。
かなり無視していたら諦めて行ってしまったのだけど、また遭遇~。
いい加減↑『チャーカーラーヴォン』が見つからなかったので乗り・・・
はせず、道を尋ねた。
親切に教えてくれたにもかかわらず私達は乗らなかった。
ヒドイですか、ヒドイですね(^_^;)


念願のハンコを作りに『フックロイ』を探す。
旧市街だけでも分かりづらいのに更に中に入り込んだ道をテクテク歩いてやっと探し出した。手作りなのでいろいろなパターンをお願い出来るのだけど、渡されたサンプル帳にはたくさんサンプルがありすぎて本当に迷ってしまった。いやー本当に歩かされる・・・疲れた(;´ρ`) グッタリ


a0014651_22374691.jpga0014651_22381175.jpg


と言う事でカフェ『和楽』にてひと休み、ひと休み。
ベトナムプリンは濃厚な味で美味しいと調べてあったので念願のプリンを注文。
ホーチミンに行った時に食べ損なったの絶対挑戦したかった。
鶏が美味しいと卵も美味しいのでしょうかね~。
ハノイはかなり頑張ってお金を消費しないと使いきれないよ。
もうこれは幾らだとか考えずにいいなってのがあったらガンガン買う。
でもとても疲れますよ。

a0014651_21124744.jpg


夜は『クラブ・オペラ』で夕食。ここでは相方ABちゃんの腹具合があまり良くなかったので、私の方が多めにシェアして食べた。
おかげで腹12分目だよー。うーん・・・頑張りました!

a0014651_21132996.jpg

                    『クラブ・オペラ』
a0014651_2113482.jpg

                    海老のモチ包み 
a0014651_2114766.jpg

            バナナの葉のサラダ、シャキシャキで美味!
a0014651_21142658.jpg

  若蟹のフライ、味付けはスパイシー、ガーリック・オニオンが引き立てます
[PR]

by kana-wan | 2004-08-18 18:20 | *ベトナム・ハノイ 2004・夏  

☆Vietnam☆~ハノイ・(2日目)編~

8月18日(水)

朝7時に目覚ましを掛けて起床。気合を入れて支度に取り掛かる。
ふたりともすごくピッチを上げて起動してるのに準備完了で部屋を出たのが8時半。
不思議だ・・・不思議でならない、なぜ1時間半もかかるかな・・・。


a0014651_10591992.jpg


a0014651_1058365.jpg
今朝の朝食はホテル前のcafé『オーラック・カフェ』古い洋館の前庭を使用したオープンテラスのカフェ。丸い看板は「鳥」のようだけど『Au Lac Cafe』のLacは「湖」、うーん、どういう意味なんだろう・・・。それはいいとして、私は「B・L・T(ベーコン・レタス・トマト)サンドイッチ」とコーヒーを注文。するとお皿からはみ出すほど大きなバケットが現れた。かなりビビったけど外側カリっと中はしっとりで美味しかった。

a0014651_110697.jpg



今日の初めは『ホアロー刑務所』を見に行く事。
1896年にインドシナで一番大きな監獄が完成した。それがここ『ホアロー監獄』
a0014651_1115968.jpg

フランス統治時代、独立運動をした人などが収容され、その中には民族の独立・自由の為にこの監獄に犠牲した者も多かったという。ベトナム戦争中は捕虜になったアメリカ兵パイロットを拘禁する場所でもあった。今は広い敷地の一部だけを保存し見せているようだ。
コンクリで出来た内側の外壁には砕いたガラス瓶が埋め込まれていた。逃走防止の為だろう。中に入ると薄暗く足かせをはめられ自由を失った人間達(人形)が並んでいた。友人は気味の悪さに数枚写真を撮っただけで止めていたらしい。独房らしきところをのぞくとただ座っていなくてはならなかった痕跡が黒く床に残っていた。ギロチンや拷問道具などもあった。ひと通り見終わったので口数少なくここを後にした。
a0014651_1124548.jpg
a0014651_113065.jpg
a0014651_1131722.jpg
a0014651_1133151.jpg

今日は2人が行きたいと思っている店などを重点的に回ろうと日本にいる時からチェックしていたので、気合を入れて歩いた。
私の行きたかったショップ、行けど暮らせど無い。ちょうど交差点の所あたりのはずなんだけど・・・・・右往左往して結局バイクタクシーのおっちゃんに聞いてみようかとなった。でもこういう輩に声を掛けると後々面倒で気が引けたのだけど背に腹は変えられぬ。思い切って地図を見せ尋ねてみた。すると、なんとこの店はcloseしているというのだ!ガーン、1時間以上もテクテク歩いて探しているのに・・・そりゃ探してもないわなぁ(ーー;)
お礼を言うと乗れ乗れ攻撃もなくすんなりバイバイしてくれた、助かった。

次、行こう。次!
またしてもズンズン歩く、歩く、歩く、歩く、歩く。ひたすら歩く。私達2人、外国へ行くと日本より逞しいのは何故だろう。途中「ハンザ市場」があったので寄って見る。ここの他にも「ドンスアン市場」がある。やはりアジアのこういう市場というのは汚くて臭くてゴミゴミしていてヒジョ~に味のあるところだ。少し気になった物を手に取ると「ココに座れ」と椅子を出して、あれやこれやと品物を出してくる。”捉えた獲物(客)は逃がさない”のだ。もうちょっとゆっくり選ばせてくれぇ~と悲鳴をあげたくなってくる。すがるオバチャンを振り払いなんとか脱出成功。アジアのオバチャンは本当に商魂たくましい。まともに相手をしていたらこっちの身が持たないのだ。


旧市街に入り目指すはハス茶の店『フォーンセン』へ(セン=ハスという意味)。
ハスの花で香りづけされた銘茶・ハス茶を売る4代続いた老舗(現在の地にお店を構えて2代目)。 お店の若主人・Haiさんが親切に説明してくれながらハス茶を煎れてくれた。100本の花でわずか100グラムしか作れない贅沢なお茶なので、 かつては王侯一族に献上していたとか。 100グラム10USDとベトナムにしては少し高めだが、製茶工程の手間隙、年月のかけ方を考えると買う価値は十分ある。少し前にTV「ウルルン滞在記」で中越典子がハス茶を体験している放送があった。それを見ていただけにハス茶というのがより身近に感じられた。
a0014651_11191527.jpg

[PR]

by kana-wan | 2004-08-18 11:21 | *ベトナム・ハノイ 2004・夏  

☆Vietnam☆~ハノイ・(1日目)編~

a0014651_1337375.jpg

           チャンティエンプラザ内のスーパーマーケット

a0014651_13355359.jpg

       ベトナムでも「味の素」はポピュラーな調味料 激安っ!

a0014651_12553433.jpg
a0014651_12555071.jpg

                      大劇場

a0014651_1256544.jpg

                 天秤を担ぐベトナム女性

a0014651_1354427.jpg

                 どこの窓辺も緑がある

a0014651_1362284.jpg

        街角のレストランバー、雑騒とした中でも画になる

a0014651_1317557.jpg
  
                 個性的な窓辺ばかり

a0014651_13201495.jpg

    黄色い壁に茶色の窓、デコルテされたベランダ、そして必ず緑
         フランス領だった面影が建物に色濃く残る

[PR]

by kana-wan | 2004-08-17 14:14 | *ベトナム・ハノイ 2004・夏  

☆Vietnam☆~ハノイ・(1日目)編~

夜は有名な人形水上劇を見るので、それまでぶらついて時間を潰す。

ホアンキエム湖に掛かる赤い橋を渡ると『玉山祠』という建物がある。
境内には湖で捕獲されたという巨大な亀の剥製があるらしい。
a0014651_2461730.jpg


入場料3000ドン払ってひと休みがてら行ってみた。(亀は見てない)
建物の赤と金の派手なデコラティブがアジアっぽい。
コンクリでできた台座上に地元の人らしきオヤジ達が碁をしていた。
その周りを囲み勝負の行方を見る通りすがりの他人。
日本にもある風景だと思った。
でもこのオヤジ達、わざわざ入場料を払って来ているの?
a0014651_2357291.jpg


ハノイの伝統芸能である『水上人形劇』
1000年以上の歴史を持つらしい。
約1時間の上演時間内に5分ほどの短編劇が演じられ、
人形とは思えない巧みな動きに目を奪われる。
長い竹の先に人形が付けられ糸を操って人形達の細かい動きを演出する。
水面の隣りでは民族楽器を使った演奏が流れる。
子供だましのようなものだけど、水面上を右往左往する様を見続けていると
観客全員が笑い、拍手し、とても興味深い時間だった。

a0014651_048514.jpg

a0014651_0485737.jpg


夕食は『エンペラー』という古いフレンチ・ヴィラに増設して建てられた
雰囲気抜群のレストラン。
暗めにライトアップされた雰囲気が一層ゴージャスさを醸し出す。
そんな素敵なレストランに予約ナシで行った私達。

満席でした・・・ 本当、のほほ~んな2人ですわ(^_^;)

ドリンクを頼みオリエンタルムード漂う空間でウェイティング。
”隣にいるのがなんで・・・”とお互い泣き、罵り合う(笑)
そして案内されたのはコの字型になったテラス席、上の階がいいなぁー。
でも味も雰囲気もサービスも良かったし、店員もフレンドリーだった。
ぜひともまたリベンジしたい。

a0014651_12922.jpga0014651_13079.jpg


a0014651_134014.jpg
【左上】壮々たる門構え、政府関係V・I・Pが訪れることも!

【右上】上階を見上げて羨むしかなかった・・・

【左】アオザイの受付オネーサンと私
[PR]

by kana-wan | 2004-08-17 12:14 | *ベトナム・ハノイ 2004・夏  

☆Vietnam☆~ハノイ・(1日目)編~

早速ハノイの街に繰り出した。
まずは『グエン・フレール』というショップ。
入ると独特の雰囲気で圧倒された。
店内をカメラに納めたかったけど店員の方に「NO!」と言われてしまった。
(でもコッソリ撮っちゃったけど・・・苦笑)
私達にお茶を振舞ってくれ、ビックリした。
ヒビの入った小さな茶器だけど、逆にそれが趣があっていいんだな~。
なーんか”ホッ”とさせられてしまう。
友達がシルクの布をお買い上げ~。
こういう洒落たショップはビニールの袋じゃなくて編んだカゴに品物を入れてくれるの。
ホーチミンはそういうショップがいっぱいあったけど、ハノイはまだまだだな。
a0014651_17263110.jpg
a0014651_17252449.jpg


「あっ、確かここはハノイ髄一と言われているデパートだよ」
ガイドの受け売りだけど2002年にオープンした大型デパート『チャンティエン・プラザ』
・・・・・がしかし、どーなんでしょうねぇ(^_^;)
なんて言ったらいいか、とてもデパートとは言い難く(スーパー・・・かな)
1階は貴金属や靴、化粧品売り場、2・3階は洋服なんかが売られている。
どれもこれも本当にお粗末(ゴメン)な感じで、買っている人もいなさそうよ。
結局上にある食料品売り場のスーパーで地元のモノを物色。
調味料などを買った。
万引き防止の為なのか各所にお姉さん方が立っていて、でもお喋りに花を咲かせている。
日本人の働き振りって本当素晴しいね。
こちらの人はテキトーに緩くて客の前でもお構いなしが多い。
a0014651_17272212.jpg

           すごい数のインスタントヌードル

ランチはホテルの目の前にある『DIVAcafé』
欧米風なcaféながらやっぱりベトナムチックな緑を置いていい雰囲気。
a0014651_17395170.jpg

食べ終わる頃少し雲って涼しくなってきたなと思いきや、スコールが始まった。
雨・雨・雨・雨ェ~~~~!でいい加減経っても降り止まない。
a0014651_17403199.jpg

  途方に暮れ道路を眺めるjames(なんちゃって、適当、知らないシトです)

雨よけの天井があるにもかかわらず濡れそうな勢いだったので、
店員が気を利かせて店内に案内してくれた。
時間を潰すためにベトナム・コーヒー(アイス)を注文。
a0014651_17441795.jpg
a0014651_185092.jpg
  





 
ベトナム・コーヒーは下に沈殿している練乳のようなミルクが特徴。コースターは「TIGER BEER(シンガポール)」仕様


だいぶ時間のロスをしてしまったので急いで次の行動に出なくては。
なにしろハノイの店は早朝8時くらいからオープンするが閉店も早いのだ。(6時とか7時)
小降りになったので店先でタクシーを捕まえてもらって買物エリア『旧市街』へと向かってもらった。
その後とんでもない事が待ち受けているとは、まったく予想もしてなかった
[PR]

by kana-wan | 2004-08-17 11:30 | *ベトナム・ハノイ 2004・夏  

☆Vietnam☆~ハノイ・(1日目)編~

DIVAcaféからタクシーを拾って旧市街の目的の店まで走ってもらった。
地図を見せてここまで行って欲しいとお願いしたのだが、このドライバーさんは
道を間違えたらしく、見当をつけたあたりに止まってまた地図を見始めた。
こちらも不安だったので走りながら地図を見て確認しながらいた。
多分一本となりの道を走ってしまったのだろうと考えていた。
a0014651_17531560.jpg

ハノイの旧市街というのは36もの通りが縦横無尽に巡っている。
通りによって仏具だとかお茶・お菓子・籐製品やアオザイ、etc・・・狭い小さな店が
それぞれが並んでいて、商店のあいまにホテル・カフェ・みやげ物屋がある。
西洋人が大きなバックパックを背負って闊歩し、その横を観光客を乗せたシクロや
バイクが通り過ぎていく。
ハノイの人々の生活がそれらから垣間見れるようで楽しいが、
なにしろ広いし目印となるような建物もないのでかなり迷ってしまう。

これ以上乗って探しても運賃がかさむだけだと思い、
ここで降ろしてもらおうとなった。
多分ひとつ隣りの通りだと思うし。
メーターは『300.0』を表示しており料金3万ドンを渡す。
ドライバーは違う違うと首を横に振った。
えっ、もっと?
それ以上の札を加算して渡すも、まだだと催促する。
えー、一体いくらなの???
私は紙に「30000D」と書いてドライバーに見せて確認した。
すると「300000D」と書き直されてしまった。

30万ドンといえば日本円(150円位として)で2000円。
2000円って日本でだって結構な距離を走るよ。
朝のフォー屋さんと同じ位の距離しか走ってないじゃん!(朝は1万ドンだった!)
絶対こんな値段しないって~!!

でもタクシーに乗ったのはまだ2回目で方向も違うし料金の相場も分かってない。
私達はベトナム語は全くダメだしドライバーも日本語はもとより英語もダメらしい。
問答しようもなく、全く自信がなかったので言われるがままの値段を払って降りてしまった。
頭の上に???がいっぱい付いたまま、釈然としない2人。
「やっぱりボラれたよね・・・」って言いながらトボトボ目的の店まで歩き始めた。

これまでの海外旅行では常に気を使っていたのでトラブルは全く無かった。
よく聞く「ぼったくり被害」とは無縁で来たのだがこれまでが幸運だったのだろうか。
相方のABちゃんは未だに悔しがっている。

コレも勉強!とそれ以降はタクシーを慎重に選んで乗った。
・新車、もしくはちゃんと綺麗にしてある車(臭くて汚い車だったのだ)
・フロントガラスなどに「HANOI TAXI」と書いてあるなら信用できる
・TOYOTA車であれば尚良し!

この基準に安全の確証は無いけど、うちらが体験した裏づけからという事で。

実はこの後もう1回タクシーでのハプニングがあるんだけど
それはまた後日。
[PR]

by kana-wan | 2004-08-17 11:25 | *ベトナム・ハノイ 2004・夏