ぶらり沖縄一人旅(その3)

a0014651_232244.jpg11月6日(3日目)

今朝は小鳥たちの声で目が覚めた。ベランダに出ると昨日の朝より晴れている。
今日も暑くなりそうだ。フッと隣に目をやると朝の一服をしているおじさんが・・・。
恥ずかしくなってペコッとお辞儀してそそくさと部屋に入る。(^_^;)
今日は旅行最終日。チェックアウトは12時までにすればいい。
早々に朝食を済ませ大体の荷物をまとめる。

8時30分、北谷近くの安良波ビーチへ行ってみよう。
ここから眺める夕日が良いらしいけど残念ながら見る事無く帰らなければ。
それにしても真っ直ぐに続く白い砂浜は眩しいくらいに綺麗。
私の他にはノンビリ釣りをしている地元住人らしいオジサン3人のみ、
規則的な波音とオジサン達の話し声以外聞こえてこない。
心癒される思いでいた。

例によって貝殻探し。かがみこんで探していると
「お嬢さんお嬢さん、何してんの?」
釣りをしているオジサンが話し掛けてきた。
貝を拾ってんのというと、じゃこっち来てみなと手招きされた。
「はい、これあげるよ」
ビニール袋には大きめの貝殻がいくつも入っていた。
お礼を言ってありがたく頂戴すると、おじさんは真っ黒で深いしわ顔を
くしゃくしゃにして喜んでくれた。
どこから来たのか、自分も東京に出稼ぎに行ったなどの話をしてくれた。
釣れた魚(すごく大きい!)を見せてくれたりしてるうち、急に真っ黒い雲が広がってきた。
「こりゃひと雨降るな、お嬢さんもう帰った方がええぞ」
少しの間にザーッと雨が降ってきた。
雨宿りをして過ごしていると15分くらいで歩けるくらいになってきたので、
そろそろホテルに戻るとしますか。
さっきのオジサンも釣り場に戻るところみたいで、私が手を振った。
オジサンも片手を高く上げて振り返してくれた。
オジサン、いい人だ。(*^。^*)

すっかり汗を掻いてしまったのでシャワーを浴びる。

そうだ、ツアーで取った飛行機のチケットだけど早い便に振り替えてくれるのかしら?
時間はあるのだし一度空港に寄って聞いてみよう。
ついでにロッカーに重い荷物を預けて那覇市内に戻れば手軽でいいじゃん♪

身支度を整えてチェックアウト。バスの時間までまだあるからショップで
お買い物をして、ソファーで本を読んで寛ぐ。

しばらくして携帯に母親から電話が入る。

母「良かった~生きていたのね!」
私「はっ???」

私が旅立つ前日に一人旅に出ると言ったのでもしやして自殺でも・・・?
と勝手な憶測をしていたようでした。(笑)
ゴメンネ、母よ。お土産買ってくからこんな放蕩娘を許しておくれ。

そろそろ時間かと思いバス停へ、しかーしウッカリ違う時刻表を見ていたみたいで、
乗りたいバスは既に発車してしまった後。
しょうがないので歩いて国道58号線沿いまで出てバスに乗る。

折りしも昼時、お腹が空いてしまったので途中下車。
A&Wでハンバーガーでランチにしよう。昨夜断念したルートビアーが
目に入る。
カウンター内のオバサンに(失礼!)エヘエヘ顔で聞いてみた。

「あのぉ、ルートビアって飲んだ事ないんですけどどうなんでしょうねぇ」

「お客様っ!そういう方にこそぜひ飲んで頂きたいですっ!」

そう言ってキンキンに冷えたグラスに半分ほど注いで試飲させてくれた。
見た目は泡立った茶色いビール、ドイツビールみたい。
ゴクッゴクッと飲んで見た、すると・・・「???」
なんていうか、甘くて・・・漢方、薬みたいな味がするぞ。
「え・・・っとぉ。アイスコーヒーでいいです」
でもおばさん、いい人だ。(*^。^*)
アイスコーヒーとチーズバーガーを頼んで、すっかり満腹。
すっかり汗も引いたのでバスに乗って空港を目指す。

カウンターのお姉さんに早い便に振り替えてもらえるのか聞いてみた。
「はい、お調べしてみてお席が空いているようでしたら可能ですよ」
うおー嬉しい、聞いて見るものだ!
21時15分→20時10分にしてもらえた。1時間も早いと羽田に着いても余裕で帰れる。
ゆいレールで那覇市内へ戻り心置きなく買い物をしよう。

「県庁前」駅で降りると国際通りの入口になるのでがっつり散策。
どこの店も同じような内容なのだけど微妙に値段が違ったりするので侮れない。このミミガーは450円で一番安い、ここで買いでしょう!(笑)

そうこうしてるうちに小腹が空いてしまった。時間は4時過ぎ。
沖縄に来て沖縄そばをまだ食べてないと思って「ていだ」という店に入る。
実は見た目に美味しくなさそう・・・なんて印象を抱いていたのだけど、
一口食べてビックリ!「おいひぃ~~~♪」
かつおの出汁がよくきいていて濃厚、でもさっぱり。麺はシコシコのツルツルで豚の三枚肉は柔らかく甘辛。あー食べて良かった♪本当ならゴーヤチャンプルーも食べて行きたかったんだけど、東京でも食べられるだろうと断念。後友達に言うと、
「バッカだな、沖縄のゴーヤはちょっと違うんだよ」と言われた。
えっえっ、そうなのか? 激ガッカリ・・・

ご当地お菓子や豚の角煮、シーサーの置物。市場でシークワーサーや生ジュースを買う。市場にいるついでに初日にお邪魔した「海ぶどうや」のママに
挨拶をして帰ろう。見当を付けて角を曲がるもやはりここはどこ?状態。出来る奴の振りせず真っ当に行けってことね、ハイ。(^_^;)

入り口をくぐりママに手を振る私。どなた?って顔をしていたママも
「あ・・・あっら~?!」
と思い出してくれた。
「これから帰るんです。こちらに寄らせてもらった後いい事ばかりで是非お礼を言ってから帰ろうと思って・・・」
と言うと、こっちにも良い事があったのよーと喜んで迎えてくれた。
やっぱりもう一度来て良かった。こんなに喜んでくれるなんて!
ここの海ぶどうを2パック買って、サヨナラをした。

空港に向かい荷物を引き取って、少しうす暗くなってきた空を見上げて、あと数時間で沖縄を後にするんだなと思うと少し寂しくなった。

私がこの旅で得たもの。
自分で何かが出来た事、チャレンジ、小さな冒険、自信、癒し、人との触れ合い、記憶。。。。。
ちょっとは大きくなったかな。
何となく逃避行したくなった最初の気持ちも、今は沖縄の空のように広く大きく膨らんで晴れ晴れとしている。

今度行く時は首里城や焼き物(器)巡りなどの観光で来たいな。

沖縄のテーゲーに癒され、ちゅらさんになれたかな?(笑)


 *おわり*
[PR]

# by kana-wan | 2004-04-18 23:23 | *沖縄 2003・秋  

ぶらり沖縄一人旅(その2)

a0014651_82047.jpg11月5日(2日目)

予定より1時間も早く目が覚めてしまった。
ベランダに出ると少し肌寒いけど気持ちが良い~。
コンベンションセンターの公園にある木立から、鳥達のさえずりが心地よく聞こえる。
旅先がビーチだと傍には必ず緑があるので、
小鳥達の声を聞きながら起きられるのがとても嬉しい。

ホテルから公園を抜け10分程歩くと宜野湾トロピカルビーチに着く。
人口ビーチではあるけれど、白いサンゴの砂浜と何とも言われえぬ青い海。
広がる水平線に静かな波音、一隻の船があんなに小さい、も~最高!
ジーパンを膝までまくり上げ、波打ち際から足を浸けた。
私の白い足の甲を細かい白波が何度も撫でる、気っ持ちいい~♪
グリグリ砂に足を埋めたり、細かい貝殻を集めたり、写真を撮ったり・・・。
ボーっと遠くを眺めてふける。
お昼を食べたら、のんびり読書をして過ごそう・・・。

今回の旅の目的、本を読んで何もしない時間を過ごしたい。
上手く言えないけど、なんかそうしなくちゃいけないような気がしたんだ。

夕方まで本を読んで過ごし、今夜の夕飯を考える。
1人なんだし何でもいいやと思って外に出た。
北谷のナイトマーケットが気になったので行って見る事にする。
ブースを借りて出店している店とコンテナを利用した固定店が混在。
古着やアクセ、外国製の生活雑貨を中心にガラクタのような物から
掘り出し物までいろいろあるらしい。
期待して行くも・・・ただただ暗い夜道。どこがちょっとしたお祭状態なのだろう?
やっぱり土日とかじゃないとこんなもん?
ひと気のないこのエリアに早々と見切りを付けて帰ろうっと。

途中大きなスーパーに寄って「さんぴん茶」(沖縄には必ずある、プーアール茶とジャスミン茶ブレンド)と「ゴーヤチャンプルーの素」など沖縄のモノを買った。
海外に行っても必ず行くのが地元のスーパー。
お土産屋でお土産を買うよりご当地モノをかって配る方が結構喜ばれる。
結構楽しいし発見も多いのだ。

58号線沿いに大きなアーミー輸入店があったのでふらりと覗いて見る。
お土産を物色、古着好きはさぞ喜ぶだろうな。
私には良く分からないので止めておく。
古着ではないけど輸入物のシャツで似合いそうなのがあったので1枚購入。

程に時間が過ぎて疲れてきた。
A&Wというアメリカのファーストフードチェーン店に行く。
ここはルートビアがあるのだけど、勇気が無くて結局アイスコーヒーを頼んでしまった。
ルートビアって知ってます?
これが好きになったら結構なアメリカ通だよってある人から以前教わったの。
アメリカ通になり損ねたぜぃ!(チェッ)

今日はよくバスに乗った、よく歩いた・・・足が痛いよ。
早いもので明日が最終日、いろいろ頭を巡る事があってなかなか寝付けずにいた。
今夜はエレベーターの機械音が気になって眠れない。
帰りの飛行機の便は那覇発21時15分(これしか空いてなかった)で羽田に着くのが23時25分と、かなり遅い。大丈夫かな・・・うまい事行くかな・・・。
ベッドに入って既に1時間半、眠らなきゃ・・・ネムラナキャ・・・Zzzz


つづく
[PR]

# by kana-wan | 2004-04-18 23:19 | *沖縄 2003・秋  

ぶらり沖縄一人旅(その1)

a0014651_231326.jpg11月4日(1日目)

羽田空港から約2時間10分、沖縄・那覇空港に到着した。
秋とはいえ少し蒸し暑い。空港のトイレで半袖のTシャツに着替える。
「よっし!来ちゃったもんね。」
だだっ広い沖縄の空を見て何だか妙に気合が入る!


昨夜までの私はこの計画を少し・・・ううん、結構後悔していた。
一人で旅行なんかした事無いし、国内とはいえ、空港で手続きしたり時間を見て移動したりなんてやったことないから自信がなかった。帰りの飛行機は満員で最終便しか取れなかったので羽田に着いてからの交通手段も心配の種だった。終便モノレールは間に合わない。
京浜急行の最終に間に合ったとしても乗り継ぎをモタモタしているとかなりヤバい。
タクシーで帰るのもホテルに泊まるのも、今回の旅のこだわりとして余計な出費は避けたいので絶対NO。小心者の私はウジウジしていた。

でもそれも朝までの事さ。フフ~ン(^ー^)


今回の旅は3日間のフリー旅行。宿泊先は宜野湾のラグナガーデンホテル。
何の知識もなかった時は北部のカヌチャベイホテルに泊まりたいなんて思っていたのだけど、多数のパンフレットを見比べて行くうちにそれが無謀だったと分かり、落ち着いたホテルがラグナガーデンンホテル。しかし空港からラグナまで行くシャトルバスがこの時期1日に2便しかない。それならば時間は掛かるけど那覇市内から路線バスを使って行こう!
一人なら間違っても気を使うことも無いし、ぶらり旅でいいじゃない♪

。。。と言うわけで、まずはお腹を満たしに那覇市内へ。
空港からは今年の8月に出来たばかりの『ゆいレール』というモノレールに乗って行こう。
交通渋滞の著しい那覇市内を抜けて首里まで27分で行ってしまう優れ物らしい。初乗り料金200円、発車ベルは沖縄の民謡曲ですごくかわいい♪早速沖縄に来たなぁって実感。
下を見ると自衛隊基地があり益々沖縄を実感。

さて、目指すは牧志公設市場近くにある『海ぶどう屋』。一人で何が嫌かってやっぱり食事の事。なるべく女性一人でも入りやすくて居心地の悪くない所をネットで情報収集し頑張った。
ここは名物の「海ぶどう」を食べさせてくれるらしい。国際通り(約1.6キロ 5~600店舗が軒を連ねる賑やかな通り)沿いに行くとちょっと遠回りになるみたいなので、市場本通りのアーケードを抜けて行く事にする。左右活気のある店!店!店! ゆっくり見て行きたいけどココはグッと堪えて最終日に攻めよう。まずは腹ごしらえ。ちょっと方向音痴な私だけど何とか行けるっしょ! でも案の定道に迷った。
な~んでぇ? 引き返しながらまた道に迷って(^_^;)、結局国際通りから行き無事着いた。1時間くらい掛かったかも?

「海ぶどうとマグロ丼定食」を頼む。海ぶどうって沖縄で取れる海草で、
小さな粒が茎にぶどうのように集まっていて、鮮やかな緑色の粒はプチプチとした歯ごたえが美味しいのだそうだ。お吸い物には「アーサ汁」これも海草で岩海苔みたいな感じ。

店内には私一人しか居らず店のママ(そんな感じだったんだもん)が話しかけてきた。
一人で東京から来た事、道に迷いながら来たこの店が沖縄初上陸後の初ご飯だった事を言うと、偉いねぇ~(え、えらいって・・・)と感心してくれたり喜んでくれたりで楽しい時間だった。
丁度アーサを揚げ物にしているところだと言ってサービスに食べさせてくれた。美味しい! 今度メニューに加えるんだって。
「あんた今日は良かったねぇ。きっといい事あるよ!」ママ、ありがとう。いい人だ(*^。^*) 
ママと記念に写真を撮らせてもらって明るい気分で店を出た。
何だかこの旅、本当にいい事ありそう!

ゆいレールで那覇バスターミナルのある旭橋駅まで戻り、ホテルの近くまで行くかと運転手さんに確認してバスに乗り込む。国道58号線沿いは広くて真っ直ぐ、見える景色も横に広い。
停留所の名前が出る度に「何て読むんだろう」と考えるがどうして読めない字ばかり。
「勢理容」「謝苅」なんて読める?(答えは1番下に書いておきまーす)

バスにホテルの確認をして乗ったのが良かった。「真喜志」BTで降りる時、運転手さんがホテル傍まで行くバスの番号を書いた紙を渡してくれた。
おじさん、ありがとう。いい人だ(*^。^*)

ラグナガーデンホテルに3時頃チェックイン。ホテルの都合でシングルルームじゃなくツインになった。もちろんシングル料金でね。(ラッキ~!)
早速『海ぶどう屋』の効果が現れたか?(笑)
部屋は眺めの良い最上階のオーシャンビュー。コンベンションセンターと宜野湾野球場が見える。そう言えば横浜ベイスターズがここに泊まってキャンプをしてるらしい。関心はないので荷物を解き、しばしくつろぎモード。

夕飯は、タコス専門店「メキシコ」へ。時間があるので北谷のアメリカンビレッジを散策。こういう所は1人で行っても楽しくないね。サクッと見て回ってお終い。狙いのタコスを目指してバスに乗った。ここは名の通りタコス一品のみ、その他飲み物が少しあるだけなのだ。
一人前(一皿4個)とセブンアップを注文。揚げたてのトルティーヤは香ばしく少しソフトで美味しい。サルサソースはほどの辛さで生のトマトが残っていてとってもジューシー。マスターが居たなら三線を奏でてくれるらしいが不在のようで残念。冷めても美味しいかもと思い、翌朝の朝食にひとつテイクアウト。(でもやっぱり冷めたら美味しくなかった・・・)

ホテルに戻って誰もいない大浴場(!)でゆっくり湯に浸かる。
エレベーターの前の部屋だったせいか少しうるさかったが、そんな音を気にする間もなく深い眠りに落ちた・・・。ムニャムニャ 

どうなる事かと思った今回の旅、以外とうまい事いくもんだ。(^_^)v
明日も順調だといいなぁ。

つづく・・・




* 答え

『勢理容』→『じっちゃく』 『謝苅』→『じゃーかる』

読めないよねぇ~。
[PR]

# by kana-wan | 2004-04-18 23:14 | *沖縄 2003・秋  

これから・・・

ここで私の思いのままの気持ちや日常起こった事などを書いて行きたいと思います。
初めまして、と言う事で私のプロフィールを簡単に。

HN :  kana-wan

性別 : 女

血液型 : A型

住んでいる所 : 東京

好きなもの : 雑貨インテリア 映画鑑賞 美味しい物


他所でも日記を書いてますが”のほほん”日記部分を抜粋して
ちょこちょこココに移していきたいです。

 よろしくお願いします
[PR]

# by kana-wan | 2004-04-17 16:24 | ひとり言